>

どんなことを話せば良いのか

お客さんの態度に合わせる

上の立場についているお客さんは、割と仕事の話をしに来ることが多いです。
自慢話をしたいとわかった時は、相手が求めているリアクションをしてください。
適度にお客さんを褒めることで、気分良くお酒を飲んでもらえます。
全てのお客さんが仕事の話をしたいとは限りません。
中には仕事のことを忘れて、キャバクラを楽しみたいと思っている人もいます。

仕事以外の話をしたい人に仕事の話をしたり、どんな仕事をしているのか聞いたりすると、嫌なことを思い出させてしまいます。
接客をするときはお客さんが進んで仕事の話をするまでは触れないでください。
最初から最後まで仕事の話が全く出なかった場合は、そのお客さんは仕事の話に触れてほしくないと判断できます。

避けるべき話題

宗教や政治は、とてもデリケートな話題です。
お客さんが話しているのを聞くのは良いですが、下手なことは言えません。
自分の意見を言わないように、意識しましょう。
また他のお客さんや、キャバ嬢の悪口は言わないでください。
ここだけの話と言うとお客さんは興味を持って聞いてくれるかもしれませんが、それが本人の耳に入った時に、大きなトラブルを引き起こします。

お客さんが話しているのに、途中で遮って別の話題を出さないでください。
キャバクラでは、会話の主導権はお客さんにあると理解しましょう。
お客さんが話しているなら、キャバ嬢は聞く側に徹してください。
お客さんに楽しんでもらうためには、明るい話がおすすめです。
暗い話ばかりでは、その場の雰囲気が悪くなります。


この記事をシェアする