>

ヘルプをする時やされる時

控えめに接すること

意外とヘルプをする時の注意点が多いので、いつその時が来ても良いように勉強しておきましょう。
まず初めて会うお客さんの可能性が高いので、挨拶をきちんと行ってください。
挨拶という基本的なことができないと自分だけでなく、お店の印象を悪くしてしまいます。
またヘルプで入った時は、指名されたわけではないので名刺を渡したり、ベタベタと触れ合ったりして仲良くなろうと思わないでください。
間違った対応では仲間のお客さんを奪おうとしていると、周囲に誤解される危険性があります。

また、お客さんが指名したキャバ嬢の話は避けましょう。
誰を接客しているのかなど、プライベートな話題はしないでください。
さらに、自分からドリンクを頼むのは失礼です。

ヘルプに入ってもらった場合

自分が忙しい時に、他の誰かがヘルプに入ってくれるかもしれません。
その際は知らない顔をしないで、お礼を必ず伝えてください。
相手が自分を助けてくれたという意識を持ちましょう。
お礼を言われることで相手のキャバ嬢も嬉しくなり、親交を深められます。
再びヘルプが必要になった時に、積極的に助けに入ってくれるかもしれません。

キャバクラで楽しく働くためには、環境を良くすることが大事です。
みんなが足を引っ張り合ったり、関係性が悪かったりするお店では円滑に働けません。
ストレスが溜まるので、自分なりにキャバ嬢同士の良い関係性を築けるように工夫しましょう。
そのために普段から挨拶をしたり、お礼を言い合ったりすることが大切です。


この記事をシェアする