最低でも覚えておきたいこと

キャバ嬢は、店内での正しいテーブルマナーを覚えなければいけません。
特に重要なのは、おしぼりを渡すタイミングです。
お客さんが来店して真っ先に行うのはおしぼりを渡すことなので、適当に済ませないでください。
ここの態度が悪いと、自分がマナーの悪いキャバ嬢だと思われたり、お店の雰囲気が悪いと思われたりします。
中には、タバコを吸うお客さんもいるかもしれません。
その時の火の点け方も事前に勉強し、いつでもお客さんに対応できるよう準備しましょう。

ヘルプとして、お客さんにつくように命じられるかもしれません。
注意したいのはヘルプの時は自分を指名してくれたわけではないので、やたらお客さんにベタベタと触れ合うことはしないでください。
あくまでもこのお客さんは、別のキャバ嬢のお客さんだと理解しましょう。
また自分が忙しくてヘルプに入ってもらった時は、そのキャバ嬢にお礼を言うことを忘れないでください。
親しい中の礼儀が、店内の雰囲気を良くするコツです。

お客さんとキャバ嬢がお酒を飲みながら、楽しく会話をするのがキャバクラの特徴です。
そのためには、会話の内容に注意してください。
お客さんには、聞いてほしくない話もあります。
地雷を踏まないよう、仕事の話はお客さんから言われるまで避けましょう。
また、仕事で失敗した話などの暗い話も避けてください。
暗い話をしても、楽しい雰囲気が台無しになります。
他のキャバ嬢の悪口も、こちらの印象が悪くなるだけなので禁止事項です。

知らないとトラブルが起こってしまう

独特のテーブルマナーがあるので、キャバクラで働くなら覚えるのは必須です。 マナーが間違っていると、お客さんから常識がないと思われてしまいます。 特におしぼりの渡し方や、タバコの火の点け方を覚えておきましょう。 これらは、特に重要なマナーと言われています。

ヘルプをする時やされる時

キャバクラでは、ヘルプが行われることがあります。 ヘルプとは指名されたキャバ嬢がすぐに接客できない時に、代わりに手の空いているキャバ嬢がお客さんと接することを言います。 お客さんへの接し方を間違えると、仲間のお客さんを取ってしまうので気を付けましょう。

どんなことを話せば良いのか

おすすめの会話や、避けるべき会話があります。 基本的に、お客さんが不快になる話は避けてください。 お客さんによって触れてほしくない話題が異なるので、まだよくわからないお客さんは慎重に話題を探りましょう。 明るい話をすることで、楽しい雰囲気が盛り上がります。